不倫問題が増加中┃相談を第三者へする方法

書籍

遺言書を作っておく

法律書

遺言書は3種類あります

自分が死んだ後で余計なトラブルが起こらないようにするために、生きているうちに遺言書を作成しておく人が増えてきました。遺言書と聞くと手書きのものを連想する人が多いですが、遺言書はその作成方法の違いによって大きく3種類に分けることができます。それは、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類です。現実的なことを考えると遺言書を秘密証書遺言にしておくメリットはほとんどないため、自筆証書遺言もしくは公正証書遺言にするケースがほとんどです。自筆証書遺言と公正証書遺言とでは求められる要件が異なっていますし、遺言書の効力の面でも違いが生じます。ですので、それぞれの遺言書の特徴をよく理解した上で、どちらの形式で遺言作成するかを決めるのが望ましいです。遺言作成のハウツー本を読んでも十分に理解することができなかったという人は、弁護士や司法書士が提供している遺言作成サービスを利用するとよいです。

公正証書遺言は便利です

弁護士や司法書士の遺言作成サービスを利用して、公正証書遺言を作成する人が増加しています。遺言書を公正証書遺言にする場合は、法定相続人ではない第三者2人に証人になってもらう必要があります。また、公証役場に出向いて公証人に遺言書を作成してもらわなくてはなりません。公証人の手を煩わせることになりますから、その分の手数料がかかりますし、時間も取られることになります。費用や手間がかからないのは自筆証書遺言ですが、公正証書遺言には自筆証書遺言にはないメリットがあります。一番大きなメリットは、遺言書の偽造や滅失の心配をする必要がなくなる点です。公正証書で遺言作成すると、遺言書の原本が公証役場で半永久的に保管されます。したがって、万が一のことが起こっても対処することが可能になります。また、死後の検認手続きが不要になるため、相続人の負担を軽減してやることができます。それらのことを考慮して、公正証書遺言にする人が増えてきています。