不倫問題が増加中┃相談を第三者へする方法

書籍

相続税を納付する時は

男性

専門家を利用する

税法が改正された結果、従来よりも相続税を支払う人の層が拡大しました。法律が改正される前は課税控除額がかなり大きかったので、よほど高額の財産を相続する場合でない限り、相続税を支払う必要がありませんでした。しかし、税法改正によって課税控除額が大幅に縮小され、以前であれば相続税を支払う必要がなかった人も納税義務を負うようになりました。とはいえ、相続税申告手続きはかなり複雑です。税法の知識を何も持っていない人が相続税申告書の用紙を目の前にしたとしても、どこに何を書けばよいのかすらサッパリわからないのが普通です。この相続税申告手続きは故人の死後10ヵ月以内に済ませなくてはならないのですが、モタモタしているうちに期限を経過してしまう人が少なくありません。期限内に相続税申告手続きを済ませないと追徴金を取られてしまいますから、無理に自分でやろうとはせずに、税理士に任せてしまうようにした方がよいです。税理士は税金のプロですので、短期間で確実に手続きを終わらせてくれます。

手数料

税理士に相続税申告手続きを依頼した場合は、手数料を支払うことになります。昔は税理士会が手数料額を決めていて、全ての税理士がそれを遵守していましたが、現在ではそのような制限が撤廃されています。それぞれの税理士が自由に手数料額を決めていますので、どの事務所を利用するかによってかかる費用が大きく変わってくる可能性があります。ほとんどの税理士が相続する遺産の額に応じて手数料が決まる仕組みにしていますが、手続きの難易度で手数料が決まる仕組みにしている税理士もいます。いずれの場合も事前に詳細な料金見積を出してくれるようになっていますので、まず見積を取ってみてから利用するかどうかを決めるようにするとよいです。ちなみに、インターネット上には、複数の税理士事務所からまとめて見積を取ることができる、一括見積サイトがあります。