不倫問題が増加中┃相談を第三者へする方法

男性

専門家の探し方

スーツ

最近離婚が急増しているためか、離婚専門の弁護士が増えています。離婚問題となると長い付き合いになるので、知識や経験だけでなく人間同士としての相性も重要な要素になります。探す方法は色々あるので、信頼できる弁護士に巡り合いたいものです。

もっと読む

遺言書を作っておく

法律書

相続トラブルの発生を回避するために、生前に遺言作成しておく人が増えています。ただし、法的に無効な遺言書を作成しても意味がありません。正しい遺言書を作成するには、弁護士や司法書士が提供している遺言作成サービスを利用するのが得策です。

もっと読む

相続税を納付する時は

男性

相続税申告手続きは、故人の死を知った日から10ヵ月以内に済ませる必要があります。しかし、税金の申告手続きはかなり難しいので、税法の知識を何も持っていない人は相当苦労することになります。そのような時は、無理をせずに税理士を利用してしまうのが一番です。

もっと読む

ワイドショーが騒がしいが

司法士

なぜここまで増えたのか

近年急増中の不倫。ブームかと思えるほど連日芸能人がワイドショーを沸かせています。専門家への相談件数も増加しています。しかしなぜここまで不倫が増えたのでしょうか。テレビの影響も少なからずあるでしょうが、一番の原因はネットやスマートフォンの普及により、家の外に出なくても簡単に知り合いを作ることができるようになったことが挙げられます。実際に少し検索しただけで、驚くほど不倫相手募集の掲示板がヒットします。ただしその代償は決して安くありません。どちらか、もしくは両方が既婚者であれば尚更です。自分たちだけで解決しようとしても、どうしても感情的になって泥沼化してしまいます。そのため不倫の問題解決には第三者への相談が必須と言えます。

迷わず専門家へ

さて不倫をしていた場合、相手の配偶者などから内容証明郵便などが届いたらどうすれば良いでしょうか。まず法律上不倫とは「肉体関係があったかどうか」が重要になります。肉体関係があった場合には迷わず専門家に相談しましょう。職場や家族にばれるのを恐れて専門家に相談せず、相手に言われるまま法外な慰謝料を払ってしまうケースが見受けられますが、専門家には守秘義務というものがあるので、相談したからと言って職場や家族にばれることはまずありません。むしろ相談した方が、依頼料などを含めても慰謝料の額などを安く抑えられる事も多いです。ただし最近では肉体関係のない「プラトニック不倫」でも不貞行為と認定されてしまう場合があります。少ない例ではありますが、肉体関係がなくても念のため専門家に相談した方が良いでしょう。